レーザー脱毛とIPL脱毛の違いに関して

MENU

レーザー脱毛とIPL脱毛の違い

レーザー脱毛とIPL脱毛は全く違うものです。IPLは「インパルスライト」の頭文字を取ったもので、光を当てることでメラニンに作用して毛根からムダ毛を脱毛するものになります。黒の色素であるメラニンにのみ反応するように出来ている光のため、白い肌には影響があまりありません。メリットは一度に光を照射できる範囲が広いため、短時間に大量のムダ毛の処理を行うことができます。

 

また、多くのエステなどがメニューに取り入れているため、費用が安くなるという特徴があります。デメリットは光が黒の色素に反応してしまうため、日焼け後や色素沈着がある部分に使用すると光を吸収してしまいダメージを与えてしまうため、そのような場合には利用できないことです。うぶ毛や白っぽい色のムダ毛には光が吸収されないので処理ができないのもデメリットと言えるでしょう。

 

レーザー脱毛も黒の色素に反応する光で毛根を破壊する方法です。しかし違いはレーザーは出力が大きいため、医療機関でなくては行えないものです。出力が大きいということは脱毛の効果も高いのでクリニックに通う回数は少なくて済みます。医療機関で行えるため、万が一の事態にお即座に対応してもらうことが可能です。しかし効果が高いことと行えるのが医師のみといった理由から、費用はIPL脱毛よりも高くなってしまいます。肌への刺激もIPL脱毛に比べると強くなってしまうため痛みを感じる人も少なくありません。